【衝撃】口臭予防したい!口臭とわきが臭の意外な関係とは?

口臭を気にする女性

一般的に社会で嫌われる口臭とわきが臭。実は意外にも関係があったりします。

わきが臭がきつい人は口臭もきつい傾向があるみたいです。

ただ、自分の体臭って意外に自分では気づきづらいもの。なので、自分が思っている以上にニオイは周りに届いてると思ってる方が良いでしょう。

さて、そんな自分では気づきづらい体臭。気づけないと、効果的な口臭対策も打てません。

実は内臓と密接な関係があります。

そこに口臭とわきが臭の関係のヒントがあります。

口臭とわきが臭の関係性のカギは「内臓」にあった?!

驚く女性

口臭とわきが臭の関係のカギは内臓にあります。

そして、内臓の中でも特に肝臓や腸の働きがポイントになります。

肝臓や腸には身体活動で不要になった物を体外に排出する働きがあります。

肝臓ではアルコールなど身体に有毒な物質を無害にして体外に排出します。

また、食事から得た栄養素からエネルギーを作る代謝の機能があります。代謝の際に出た不要なものを体外に排出します。

腸の中でも大腸はミネラルや水分を吸収し便を作り排出する働きがあります。

これらの臓器には多くの神経細胞があります。

その細胞が身体から排出すべきものを見分けて排出します。

ただ、ストレスや生活習慣などの偏りなどで臓器の働きが弱ると、本来排出されるべき不純物が排出されず血液中に溶け出してしまいます。

その本来排出されるべき不純物には体臭をきつくする成分が多く含まれているため、口臭やわきが臭がキツクなると考えられています。

そもそも、わきがの原因となる汗もほとんどの成分は水分です。

ただ、ここに含まれるわずかの不純物があの臭いの主な原因です。その不純物の濃度が高くなれば必然的に臭いも強くなります。

なので、内臓を健康的に保つという点から、特に肝臓に関しては労わるようにしたいものです。

そこで、私が気をつけているポイントでをあなたにもご紹介します。

内臓を健康的に保ち体臭対策をしたい人必見!

内臓を健康に保つために心がけたいこと・・・

それは、果物を夜食べないということ。

果物に含まれる果糖は消化されないとそのまま肝臓に脂肪として蓄えられるという性質があります。

朝やお昼に果物を食べても摂取された果糖は代謝され消化されますが、夜食べてしまうと消化しきれずに肝臓に脂肪として付きます。

そうなると肝機能の低下はもとより、肝脂肪、しいては肝硬変、肝臓がんのリスクも高めます。

ちょっと気をつけてみて下さい。

大腸の健康を保って口臭・わきが対策なら

大腸に関しては、ずばり便秘解消が必須ですね。

便秘というのは大腸の中に便が溜まった状態が続くわけです。そうなると大腸にとってはダメージになります。

その状態が続くとどうしても腸の働きが鈍くなります。

そうなると結果的に老廃物が血液中に流れ込み、結果として口臭やわきが臭を悪化させることにつながります。

ところで、最近ではサプリでの口臭対策が人気です。

特に、歯科医師推奨の成分配合の「息ピュア」というサプリはおすすめです。

ikipure

通常7,800円のところ、今なら980円で始められます。

口臭がバレる前に始めませんか?

>>>口臭対策なら息ピュア!詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ