【わきがQ&A】わきが治療は薬で出来るって本当なの?

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

突然ですけど、あなたは風邪引いた時に病院にいきますか?

私はちょっと咳が出てきたりしたら病院いって薬もらって治療します。 

実は、今月の頭から咳が止まらなくて病院行って薬もらったんですけど、結局まだ治ってません・・・すみません話がそれちゃいましたね。 

さて、わきがの治療は薬でも出来るのか?

ということについて今日は見ていこうと思います。先ほども書いたように風邪なら治療薬でもどうにかなると思います。

実際あなたもそういった経験はあると思います。

ただ、ことわきがの話になると話は別です。

わきがを根本的に治す薬はある?

根治と言って完全に治すとなると外用薬では出来ません。というのも、わきがの原因を考えれば話が分かると思います。 

そもそも実はわきがも風邪のように原因菌があるんです!

とはいえ、風邪とはちょっと話が違います。

風邪の原因菌は身体の内部にいてそこから悪さをするわけですよね?

わきがの原因菌は逆に外にいます。

わきがの原因から見える治療薬の効果の限界 

まず、わきが体質の人特有の組織、アポクリン腺からドロッとした、臭いの原因となる汗が脇の下など特定の場所から身体の外に出てきます。

そして、その皮膚表面に生息している原因菌がその汗を分解します。そのときに発生する腐敗臭があのわきが特有のニオイです。 

そこで、脇の下の雑菌を抑制するような治療薬を使ったとします。

脇の下の雑菌は抑制できますから臭いは一瞬消えたかのように思います。

ただ、そもそもの根本的な原因はアポクリン汗腺という皮下組織にあるので、それを取り除かない限り根本治療できないんです!

 ここはかなり重要でシビアなところなんです。

もちろん外用薬で臭いを抑えることは可能です。

こちらでおすすめしているクリアネオなんかはかなり効果が期待できるはずです。でも、治療というと話は別。 

答えは1つ、

手術してアポクリン汗腺を取り除くしかありません。

 わきがを根本的に治すなら手術しかない!

なので、脇の下の皮下組織にメスを入れ切除して、 医師が目で確認しながらアポクリン腺を取り除いて治療するのです。

ただ、そういった手術は医師の技量や経験に左右されることが多く、 中には失敗して術後臭や後遺症に悩まされたという口コミも見られます。

 とはいえ、それも一昔前の話。今は超音波を使った手術や、 ミラドライやウルセラドライなどマイクロウェーブ(電磁波)を 使ったよりリスクの少ない手術がメインになってきています。

結局、本当にわきがを治療しようと考えた時に、 ある程度のリスクを負ってこういった手術をする必要があります。

強度がかなり強くて臭いが原因でうつ病になるというような人もいると聞きます。 そういった精神的に悩んでる方はこういった手術をおすすめします。

 ただ、程度がそこまでででもなく弱~中程度の臭いの方は、保存療法としてデオドラントボトックス注射でケアするというのが私は良いのかなと思います。

術後臭や後遺症のリスクはゼロではないので、万が一のことを考えると踏み切れないっていう自分の性格にもよりますが。

ただ、重度のわきがの人については手術の検討も1つの選択肢に入れるべきだと思います。

 ということで、わきがは薬では完全には治療が出来ませんので、 もし本当に治したいという方は手術を検討する必要があります。

【注目記事】管理人が20種類以上のデオドラントを試してみた結果・・・

【人気記事】わきが手術に保険が適用されるための3つの条件とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ