わきが対策の基本は清潔にすること。これだけでかなり改善する?

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s

わきが対策も基本的なことが出来てないと効果が半減します。
デオドラントを使おうが、アルコール消毒やミョウバンを使った人気の方法で対策しようが、基本的な部分が疎かになっていると効果は期待できません。

では、その基本的なこととは何かというと・・・
それは、「常に脇の下を清潔にしておく」ということです。

関連記事 ▶ わきが臭の原因菌・脇汗を抑える制汗剤の選び方3ステップ

常に脇の下を清潔にするとなぜわきが臭が抑えられる?

わきがの原因は、脇の下のアポクリン腺から出る分泌物を雑菌が分解する腐敗臭です。
つまり、脇の下の雑菌の数が少なければニオイが抑えられます。

雑菌のエサとなる、垢や皮脂汚れ、汗を少なく清潔にしておくことで、ニオイ予防になるんです。
それから、アポクリン腺からの分泌物を脇の下にいつまでも残さないことで、ニオイ予防につながります。

脇の下を清潔に保つための心得

お風呂では脇の下をよく洗い、洗剤を綺麗に洗い流す。
外出時などはこまめに、脇の下の汗を拭き、出来れば消毒する。
こういった基本的なことを心がけるだけでだいぶ変わってきます。

消毒用の殺菌剤なら、ホウ酸やエタノールが一般的です。
薬局やドラッグストアでも市販されているので比較的安価で手に入ります。
実際、私の場合、入浴時に脇の下を洗う時に、洗い残しに気を付けるようになりました。

それから、朝起きてデオドラントを塗る時も、必ず清潔にしてから塗るようにしました。
これだけで、だいぶニオイが抑えられるようになった気がします。(もちろん、これだけが原因ではないと思いますが。)

お金に余裕がある方はこちらでご紹介しているデオドラントでケアするのがおすすめです。

制汗作用が強く、汗を抑える効果も期待でき、さらに脇の下の殺菌も出来ます。

ただ、お金をかけずに対策したいという方は、この基本的なところを抑えるだけでかなり臭いの改善効果がみられると思います。試してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

脇の下を常に清潔にするという意識を持ち、ちょっとした心がけ1つで臭いの出やすさや強さが変わります。
まったくの消臭というのは厳しいかもしれませんが、臭いが弱まるだけでかなり精神的にも安心感が強くなるのではないでしょうか?
実際に、お風呂に入る時や、外出時の脇の下のケアなど気にされてみてはいかがでしょうか?

関連記事 ▶ わきがの人が満員電車に乗る時に出来るとっておきの秘策3選!

関連記事 ▶ わきがデオドラントがない?こんな時はこうする!

コメントを残す

サブコンテンツ