わきが治療法ペアドライってどう?メリット・デメリットまとめ

カルテを持っている医師

わきがの臭いも気になるし、脇汗の多さも気になるという人にとって、両方を一気に解決できるような治療法があるとすれば夢のような話です。
わきがと多汗症は原因となる汗腺が違うため、別の治療法が必要となることがその原因です。

ところが、最近になって両方を一気に解決できるような治療法が開発されたのです。
それが「ペアドライ」です。

ペアドライは神奈川県の形成外科で開発

聴診器とPCと書類

わきがの治療というと、基本的にはアポクリン腺という汗腺を取り除くのが目的となります。
これに対して、多汗症の治療はエクリン腺という汗腺を取り除くのが目的となります。

医療機関で行われている治療は、電磁波や超音波を照射して汗腺を焼いてしまうものと、わきの下にメスや器具を入れて汗腺を除去してしまうものです。

そこで、最近注目されている方法がペアドライです。

ペアドライは前者の一種で、神奈川県の「川崎中央クリニック 」の院長によって開発された新しい治療法です。

ペアドライという治療法を簡単に説明すると、ビューホットという高周波を使った治療法と、ウルセラドライという超音波を照射する治療法を組み合わせることによって、わきがと多汗症の両方を治療しようというものです。

ビューホットは川崎中央クリニック以外でも行われている治療法ですが、ウルセラドライは川崎中央クリニックが登録商標を持っている治療法であるため、現時点ではペアドライを受けるならば川崎中央クリニックが唯一の選択肢となっています。

ビューホットとウルセラドライとは?

医療機器

では、ビューホットとウルセラドライとは、どのような治療法なのでしょうか。
まず、ビューホットは専用の機器を使ってわきの下に針を差し、その先から高周波を発することで汗腺を熱し、機能しないようにしてしまうというものです。

同クリニックのホームページによると、針の深さは0.1ミリ単位で調整することができるため、比較的皮膚の浅い部分にあるエクリン腺にも、深いところにあるアポクリン腺にも対応できるとしています。

ただ、効果的なのは皮下3.5ミリ程度の部分までで、それを超えると必ずしも効果的ではありません。

エクリン腺はともかく、アポクリン腺は皮下3~4.5ミリの位置にありますので、ビューホットだけではわきがの治療は不十分だということになります。

これをカバーしてくれるのが、ウルセラドライです。
同クリニックのホームページでは、わきの下に超音波を照射することで組織を熱変性させるもので、深部にあるアポクリン腺に対して効果的だと説明しています。

両方の治療法を組み合わせることによって、わきがと多汗症を一気に解決してしまうわけです。
両方に悩んでいる人にとっては、夢のような治療法だといっていいでしょう。

ペアドライのメリットとは?

笑顔でポイントを示す女性

ペアドライのメリットは、わきの下にメスを入れないため、ダウンタイムがないことです。
わきがや多汗症の手術としては比較的古くから行われているものに剪除法がありますが、これはわきの下を切開して目視で汗腺をひとつひとつ除去していくものです。

効果は高いのですが、わきの下にメスを入れるため、どうしてもダウンタイムが生じてしまいます。
また、わきの下に傷跡が残ってしまうのもデメリットです。

付け加えると、アポクリン腺は効果的に除去できますが、エクリン腺の除去は難しく、多汗症の治療法としては決して最善とはいえないものです。

ペアドライは高周波や超音波を照射するものですから、わきの下にほとんど傷跡が残りません。

両方を組み合わせてもその日のうちにシャワーを浴びることができるほどなので、当然のことながらダウンタイムもほとんと生じません。
また、わきがだけではなく、多汗症に対しても有効なので、両方を併発している方には特におすすめです。

これらがペアドライのメリットだといっていいでしょう。

ペアドライのデメリットとは?

ほほに手を当てて驚く女性

ただ、ペアドライにもデメリットがないわけではありません。
ひとつは、治療コストがかかってしまうことです。

剪除法の場合、重度のわきがだと健康保険が適用されますので、自己負担は8万円程度ですみます。

これに対して、ペアドライの費用は1回33万円です。

剪除法の4倍なのですから、上記のメリットを取るか、コスト面でのデメリットを取るかは判断の分かれるところでしょう。

それでも、「切らない」という手術方法のメリットを考えると、美容的な側面から、肌の露出が増える時期に脇の下を思い切り出せるかどうかにつながるわけですから、安いとも考えられます。

まとめ

いかがでしたか?
ペアドライは最新の治療法を組み合わせたもので、わきがや多汗症に対して効果的だといっていいでしょう。

わきが治療としてはいろいろなメリットはあるものの、費用の面も検討材料になるかもしれません。

コストと治療効果、体への負担を考えたうえで、実際にペアドライを受けるかどうかを決めるのがいいのではないでしょうか。
いずれにしても、治療前にクリニックに事前相談をしたうえで、手術を受けるかどうかを決定できます。

なので、まずは無料相談してみることをおすすめします。

>>>川崎中央クリニックで無料相談を受ける

 

コメントを残す

サブコンテンツ