わきが対策に効果あり!殺菌・制汗の有効成分まとめ

脇の下にデオドラントを塗る

わきが対策のデオドラントを選ぶのに重要な要素が殺菌力と制汗力です。わきがのにおいの原因はアポクリン汗腺からでるたんぱく質や脂質を含む汗による雑菌繁殖です。つまり、雑菌を殺菌するか、汗を止めるかのいずれかが効果的なわきが対策につながります。

ここでは、デオドラントや制汗剤に含まれる殺菌成分や制汗成分が具体的にどんなものか、その特徴や詳細について一覧で紹介していきます。まずは、殺菌・抗菌成分について、後半で制汗成分について見ていきます。

【注目記事】管理人が実際に使って効き目が実感できたのはコレ!わきが対策グッズ比較ランキング!

わきが対策に殺菌・抗菌成分の必要性とは?

考える女性

冒頭で書いたようにわきがは汗などからなる雑菌繁殖が主な原因です。汗には雑菌の栄養となるタンパク室や脂質が含まれ、特にわきが体質の方は栄養分を含む汗が盛んに分泌されています。わきがを防ぐのに重要になる要素は主に「制汗」そして「殺菌」の2つです。

特にわきがにはコリネバクテリウムという菌が脂肪酸を作り出しにおいを悪化させています。デオドラントや制汗剤においては。このような雑菌を防ぐことができれば、持続してわきがを防ぐ効果を実感することができるのです。

わきが対策に効果的な殺菌・抗菌成分を一挙大公開!

綺麗な脇の下の女性

制汗剤に含まれる代表的な殺菌成分をまとめていきます。

イソプロピルメチルフェノール

強い殺菌作用があり制汗剤だけでなく、ニキビ治療にも用いられている成分です。化粧品等に配合される濃度であれば、副作用を起こす可能性も極めて低いです。無味無臭でコリネバクトリウムをはじめ、ほとんどの雑菌へ効果を示します。

また、抗酸化作用もあるために嫌なにおいを防ぐ働きもあります。水に溶けにくい特徴を持つために、汗に流れにくく制汗剤に適した成分です。しかし、強い殺菌作用が刺激となり アレルギー反応を起こす方も一部にはいます。

【オススメ】イソプロピルメチルフェノール配合!「クリアネオ」を使って気づいた6つのコト

塩化ベンザルコニウム

こちらは消毒薬にも用いられる殺菌・消毒効果の認められる成分です。皮膚表面のたんぱく質を変化させ活性を失わせる働きがあり、雑菌繁殖によるにおいを防ぎます。こちらも強い殺菌力から軽度のわきが体質の方よりかは中重度のわきが体質の方向けです。

銀イオン(Ag+)

ナノシルバーともいわれる銀イオンは殺菌・抗菌力のある成分です。脂肪酸を抑え、脇下の蒸れなどからくる雑菌繁殖も抑えます。他の殺菌成分との併用で殺菌力が強まる傾向があり、持続性も優れています。比較的アレルギー反応は起こしにくい安全性は認められていますが、稀に反応を示すケースもあるので、金属アレルギー等が激しい方には注意が必要です。

トリクロサン

殺菌作用の高い石鹸やシャンプー等に含まれていることが多く、殺菌力の高さから細菌感染などにも役立っている成分です。殺菌だけでなく、その後の雑菌繁殖を抑える静菌作用もあるために持続性の高さも評価されています。

植物由来の天然成分

こちらはハーブエキスや茶葉に含まれるカテキンといった植物性由来の殺菌性のある成分についてです。上記で紹介した成分に比べると殺菌・抗菌力はやや劣りますが、刺激が少なく肌の弱い方・お子様にも安心して使える殺菌成分であることがメリットです。

殺菌力重視のデオドラントには注意!

頭を抱える女性

上記で殺菌力のある成分についてまとめていきましたが、わきが対策のためには殺菌力が高ければ高いほど良いというわけではありません。表皮に住む最近にはにおいの元となる悪い働きをする最近のほかにも、肌環境を整える表皮ブドウ球菌などの常在菌もあります。

これらの常在菌は皮脂などを食べてにおいを抑える働きもしています。雑菌繁殖を防ぐためと殺菌力の高さだけを極めてしまうと常在菌も殺してしまい、炎症を起こしたり悪化させる原因にもなりかねません。

自分のわきが重度を知って成分を選ぶ

わきがは重度の方であるとアポクリン汗腺も多いため、雑菌繁殖が増えやすくなっています。重度の方は雑菌繁殖が盛んなため殺菌力の強さを重視することをおすすめします。しかし、軽度から中程度のわきが体質の方であればあまりに強い殺菌力は常在菌もなくしてしまい悪化する可能性が高いためにおすすめしません。

このようなバランスは自分のわきが重度を把握しておけば、上手にコントロールできる問題です。わきがは遺伝や生活習慣も大きく関わっているので、自身の環境を見直しながら確認しておくと良いでしょう。次に制汗成分について見ていきましょう。

わきが対策選びには制汗成分の配合の確認が重要

ポイントを伝える女性

出かける前に制汗剤を塗ったのに、駅に着いたらもう汗がダラダラ…なんてことはありませんか?制汗剤の効果は配合される制汗成分が大きく関わります。わきが対策にも制汗成分は重要要素です。そんな重要な制汗成分について見ていきます。是非、こちらの記事を読んでデオドラントや制汗剤を選ぶ際の参考にしてみてください。

制汗成分とは?

制汗成分とは汗を抑えるための有効成分のことです。その制汗成分は大きく分けると「汗を吸収する成分」「収れん作用のある成分」の二つに分類することができます。汗を吸収する成分は「酸化チタン」などのパウダーが汗を吸収するものです。パウダースプレーの制汗剤のほとんどに含まれる成分でサラサラをキープする役割をしています。

収れん作用のある成分は汗腺にフタをして汗を抑制するものです。

こちらが主な制汗効果のある有効成分として用いられています。「アルミニウム」や「ミョウバン」に含まれる成分で制汗剤の成分一覧のはじめに書かれていることが多いです。汗を吸収する成分はだらだらと汗が流れるのを止め、汗ジミ対策にもなります。

汗が広がりにくくなるので、わきがの方にも有効的な成分です。収れん作用のある成分はにおいの原因となる汗自体を抑制するので、わきが対策に大きく関わります。この2種類の制汗成分はどちらも合わせて制汗剤に含まれていることがほとんどです。特に収れん作用のある成分は、ものによって肌にあわない方もいます。

わきが対策に効果的な制汗成分を一挙大公開!

綺麗なわきの下の女性

では、制汗成分それぞれにどんな特徴があるのかを紹介していきます。

塩化アルミニウム

こちらは上記で紹介した収れん作用のあるアルミニウム系の成分です。アルミニウム系の成分としては最も効果的であるといわれ、一度効果が表れると一週間ほど効果が持続する方もいるようです。多汗治療に処方している病院もあります。 ただ、刺激が強く濃度や使用法に注意が必要です。

肌が弱い人は炎症・かぶれなどを引き起こすケースもあり、敏感肌・乾燥肌の方にはあまりおすすめできません。「デトランスα」「オドレミン」「クリニーク」などの制汗剤に用いられています。

クロルヒドロキシアルミニウム

こちらもアルミニウム系の成分です。塩化アルミニウムに比べると効果は低いですが刺激が比較的に弱いのが特徴です。クロルヒドロキシアルミニウムは規定量内であれば、炎症やかぶれなどの副作用を起こすことがほとんどなく無害な成分として「Ban」「8×4」「レセナ」などの知名度の高いメーカーの制汗剤にも用いられています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

こちらも収れん作用のある成分です。クロルヒドロキシアルミニウムと並んで、刺激が少なく有効的といわれる成分です。わきがクリームとして人気の高い「クリアネオ」「ノアンデ」「デオプラスラボ」の制汗有効成分に採用され効果が期待できます。アルミニウム系が肌に合わない方にはこちらがおすすめです。

ミョウバン(硫酸カリウムアルミニウム)

ミョウバンというのは、食品添加物にも使用される天然の制汗成分です。正式名称は硫酸カリウムアルミニウムと呼ばれています。

収れん作用のほか殺菌作用もあるので、わきがの方には嬉しい成分です。

天然のデオドランド剤ともいわれ、わきが対策にミョウバンを薄めたミョウバン水で手作り制汗剤を使用する方もいます。天然成分で安全ですが酸性成分が強く、使用すると皮膚がピリピリする方もいるようです。ミョウバンを使っているメーカーとして「デオナチュレ」の制汗剤が有名です。

効果と肌質から制汗成分を選ぼう

笑顔でポイントを示す女性

このように一覧にして各成分の特徴について紹介しました。アルミニウム系の成分は効果しやすいですが、副作用に注意が必要です。天然成分であるミョウバンも肌に優しいですが、アルミニウムが含まれています。

やはり刺激の弱いものよりは強いものの方が効果も実感しやすい傾向にありますが、肌質に合わせた制汗成分を選ぶことが一番重要です。制汗剤を選ぶときにはランキングや口コミだけでなく、制汗成分一覧を参考にしてみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今あなたが使っているデオドラントや制汗剤は効いていますか?しっかりと効き目の期待できる有効成分が配合されていますか?こちらでご紹介した有効成分を1つの指標にしてみてください。

ちなみに、管理人が30種類近くのデオドラントを使ってきてその効果を比較してランキングにしてみたので、ご参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ