市販のわきがクリームでも効果大!こんな5つのメリットがある

 

ドラッグストアの風景

目には見えないわきがの臭い。これが原因で人生の何割かを損しているという人も多いでしょう。だからと言って、嘆いて引きこもってもいられませんよね。わきがの臭いがヒドイなら、臭わないような最大限の努力を尽くす必要があります。

でも、手術は怖いし、お金も掛かる。体質改善やダイエットには、そこまでの根気がない。そんな人には、簡単に使えて効果も長持ちする、わきがクリームをオススメします。

もちろん、市販品(ドラッグストアなどで売られているアイテム)でも効果は期待大です。

今回は、そんなクリームタイプのデオドラントのメリットを5つご紹介します。

関連記事 ▶ わきがグッズ比較ランキング1位●●の消臭効果が凄い!その●●とは・・・

 

デオドラントグッズの中でもクリームタイプが一番おすすめの理由とは?

市販のデオドラントグッズには、クリームばかりではなく、ジェルもあれば、スプレーもあり、ロールオンタイプもスプレーもあります。
その中で、どうして、わきがクリームを推すのか?

それは、これらのデオドラントグッズの中でも、「総合力」で勝るメリットを持っているアイテムが存在しないからです。
いうなれば、デメリットが少ないとも言えます。

わきが対策ならクリームタイプがおすすめ!押さえておきたいメリット5選

クリームタイプ5つのメリットと書かれた紙を持つナース

では、クリームタイプのデオドラントのメリットをまとめて5つご紹介します。
今までスプレータイプやロールオン、スティックタイプの商品ばかり使っていた方は特に要チェックです!

以下1つずつ見ていきましょう!

1.わきがの対処がお手軽にできる!

わきが対策が数あるなかで、わきがクリームをオススメするのには理由があります。

それは何より、手軽であり、効果の有無・程度がすぐ確かめられるという事です。
例えば、食事療法や運動療法でわきが対策をするという場合と比較してみましょう。

食事療法とは、食事の改善でわきが臭を減らそうという考え方です。
和食中心の食生活に変えていき、たんぱく質や脂質の多い食事を減らしていって、わきがのニオイ成分を減少させる方法。

また、運動療法とは運動をして溜めこんだ脂肪を減らし、筋肉量を増やして代謝を改善し、わきが臭を抑えるという方法。
これらは極めて健康的で本質的な改善策ではありますが、いささか効果を確認するのに時間が掛かります。

つまり、即効性に欠けるんです。

一方で、クリームタイプのデオドラントなら、気になる部分にさっと塗るだけで、「すぐに」効果を確認する事が出来るのです。

中には、10秒で消臭!なんていうキャッチコピーのものもあります。
もちろん、対処療法なので、クリームを塗ったからわきがの原因となるアポクリン汗腺が消えるわけではありません。

それでも、すぐにその場でニオイを抑えられると分かっているデオドラントを所持しているだけでも、人前に出る時も気持ちが軽くなります。

2.スプレータイプと比較しても「むせない」「バレない」

一般的に価格も安く、また一番手軽に見えるスプレータイプのデオドラント。

ですが実は、柑橘系のニオイでむせたりしてしまう人がいると聞きます。
相性によるんでしょうが、継続的に使い続けていくうえで、使いやすさは重要です。

また、スプレータイプのものだと、その大きさから「わきが対策用」だと認識されやすいデメリットもあります。
自分の体臭を自覚している方なら、やっぱいバレるのは恥ずかしいですよね?

クリームタイプのデオドラントは比較的小さめで、化粧ポーチに入れても「それっぽくない」ので安心です。
お手洗いの個室の中でササッと塗れるのもポイントです。

この点は、ロールオン、スティックタイプとも共通してますね。小さくて使いやすい。

3.脇の下の黒ずみがしにくい

脇の下をさらす女性

また、スプレータイプのデオドラントは微粒子が毛穴に詰まりやすく、最悪わきの黒ずみの原因にもなります。

その点で、クリームタイプのものは、毛穴に詰まりづらいので黒ずみの心配が少ないです。
特に、脇の下の露出が多い女性にとっては重要なポイントになるでしょう。

4.ロールオン・スティックタイプと比較して液だれしない

デオドラントグッズには、ロールオンや、スティックタイプのような液体ベースのものも多く販売されています。
これらは、スプレータイプの特徴である香料を使用しているものは少ないのですが、代わりに液だれしやすいというデメリットがあります。

ロールオンタイプやスティックタイプの場合、急いでいる時でも液が乾くのを待たないといけませんし、生乾きのままだと、腋の下が、ジュクジュクして気持ち悪い状態になります。
その点、クリームタイプだと、液だれがなく、塗ってから乾くのに時間も要らないので即効性という点においても、優れていると言えます。

5.効果の持続性が格段に違う(体験談)

手の甲にデオドラントクリームを乗せる

スプレータイプ、そして、ロールオンやスティックタイプに共通する事として、効果が持続する時間が短いという欠点が存在しています。

いくら効果が高いとしても、持続力が低いという事は、一日に何度も使用しないといけなくなります。特に外出中は煩わしいこと、この上ないです。

考えてみてください。1日に何度もお手洗いでスプレーしてケアすることを。
逆に、朝一度塗っただけで効果が夜まで続いてくれたら、どんなに楽でしょうか?

そして、頻繁に使用しないといけないとなると、その分コストパフォーマンスも悪化します。

商品の価格自体は安くても、トータルで考えたとき、効果を維持するために使用する量は多くなり、結果的にコストがかかることになります。
持続性があれば、結果としてコスパを上げますし、面倒な塗り直しをする回数が減るという点でも評価できます。

クリームタイプだと、そもそも制汗作用の強い商品が多い上、脇に直接しっかりと塗り込むので、汗で落ちにくく効果が持続しやすいというメリットがあります。

この点に関しては、私も体験済みです。私の愛用しているクリアネオの場合、朝塗って平均して夕方までしっかり臭いを抑えてくれます。

調子が良いと、夜お風呂入る時に脇の下の臭いを嗅いでも臭っていなかったこともあります。
個人差あると思いますが・・・。

わきが対策クリーム「クリアネオ」を手に持っている画像

まとめ

このように、クリームタイプのわきがデオドラントを使用するメリットは多くあります。
ただ、同じクリームでも品質の優劣や相性がありますから、そこは慎重に御自身に合うベストなわきがクリームを探して下さいね。

残念ながら、市販のデオドラントは買って一度使ってしまうと返品が効かなくなります。

一方、ネット上で購入できるデオドラントの中には返金保証という制度を導入していて、使ってみて効果が実感できなかったらお金を返します!という業者も多く出てきています。

これからは、まず使ってみる。そして、効いたらOK!効かなかったら返金してもらう。という流れが主流になっていきそうですね。

もし良かったら、管理人が実際に使ってみて効果を実感したわきがクリームのランキングも参考にしてみてください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ