おっぱいから臭いがしたら要注意!チチガとは?治療法まとめ

胸を押さえる女性

自分の体臭が原因でなかなか自信が持てなかったり、一度“エッチ”してから、あからさまに彼に避けられだしたなんて方もいるかと思います。「わきが」にも種類があり、本人には自覚しづらいケースの臭いもあるようです。特におっぱい周辺からの臭い、いわゆる「チチガ」ともなると、本人すら自覚していないことすら多いようです。

【注目記事】スソガ・チチガ対策7選!デリケートゾーンの臭いを消す!

そもそも「チチガ」って?

いわゆる第二次性徴期から「わきが」だと自覚している女性の多くは“重度”のわきがである可能性が高いと言われています。そんな中で、「脇から臭っている」とばかり思っていたのが実は、「乳首周りからも強烈な臭いを発している」ということもあるようです。この臭いを一般的には「チチガ」と呼んでいます。

「わきが」は2つある汗腺の「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の後者「アポクリン汗腺」から分泌される「臭いの原因となる汗」によって発生します。このアポクリン汗腺はわきが体質の人にのみ存在するのですが、実は脇の下だけじゃなくて、乳首周りや陰部にも発達しやすいんですね。

ベッドタイムに彼から「なんか……お前の乳首、臭いんだけど」なんて言われてしまえば人生終わってしまうぐらいの、辛い思いすらしてしまいそうです。ただ、「わきが」や「チチガ」の治療といっても、そうそう簡単には踏みきれませんよね。

チチガの治療法とは?主なもの3つをご紹介します

指で3を示す女性

チチガの治療といっても、昔のように剪除法で“メスを入れる”という方法のみでないようなんです。いわゆる「切らない」治療法が主流になっていて、女性にとっては嬉しい選択肢の増加と言えます。以下、3つご紹介します。

1. ボトックス注射

チチガの治療法でも、わきがと同じように「ボトックス注射」で汗を止めるのは効果的です。費用は多少かかりますが、手軽にできるのはいいですよね。効果は無限ではないですが、やたら胸回りに汗が目立つという方はいいかもしれません。

2. 電気凝固法

これも皮膚を切るのではなく、毛根から少し離れた箇所に針を刺して“電気でアポクリン汗腺を固まらせる”という方法です。傷跡が残らないですし、効果もすぐに感じられるという方も多いようです。

3. ミラドライ法

「ミラドライ法」というのは、電子レンジなどで使われているマイクロ波を利用した治療法です。アポクリン汗腺そのものの働きを抑えることができるので、ほぼ半永久的に効果があるのが強みのようです。ただ効果も高いため、治療費も少し高いようですし、治療するクリニックはしっかりと調べたほうが良さそうです。

チチガの治療は怖い?だったら根本的な体質改善を!

わきがにせよチチガにせよ、やはり手術の治療となると値段もそうですし、体のことが心配だったりしますよね。そういうときは、食生活の改善や運動習慣をつけるなどして、新陳代謝をよくすることで汗の臭いそのものを減少させるというのも一つの手です。

今は日本人でも食生活が欧米化しているため、脂質を多く摂り過ぎて後天的にアポクリン汗腺が発達するということもあるよう。野菜を多く摂るなどの工夫をしることも大事です。また、色々なツールで便利さが向上して、運動を全くしなくなり汗をかかなくなると、体内の血液がドロドロになって、汗そのものの臭いがさらに強くなることも。

こうならないために、根本的な生活の改善も大事ですよね。また、最近では市販やネットでも良質なデオドラントグッズが揃っているので、チチガの治療・対策では、自分に合ったものを選んでくださいね。

管理人のおすすめはクリアネオというデオドラントクリームです。

クリアネオを手に持っている

殺菌作用と制汗作用の2つのパワーでしっかりとわきが臭をブロックしてくれるので安心してお出かけできてます。やっぱり臭いの悩みがなくなるとかなり毎日が楽しくなりますよね。興味がある方はチェックしてみてくださいね!

>>スソガ・チチガ対策5選!デリケートゾーンの臭いを消す!

>>【保存版】わきがを治すとっておきの方法15選!

 

コメントを残す

サブコンテンツ