子供のわきが対策・治療法にはどんなものがあるの?

考える幼い女の子

子供のわきがについて、以前は臭いが出始めるのは思春期以後という考えがありましたが今ではそういう概念は覆されつつあります。

思春期どころか、学齢に達しない児童でもわきがを持つ子供がいるという報告もあります。食生活の欧米化により、わきがの低年齢化が進んでいるとの見方もあります。

ここでは、そのような子供のわきが対策や治療方法について、問題点や具体的な話を交えながらご紹介します。

子供のわきが治療には難題が多い

ある日、突然、子供が友達に臭いと言われたと落ち込んで帰ってきた。子供わきがの発見は、このようなケースが多いようです。

ある程度、年齢を経ると、言ってはいけない事は面と向かって言わないようになりますが、子供は思った事をそのまま口にしてしまいます。

臭いと言われた子供の精神的なショックは深く、そのまま不登校になる場合もあります。

子供のわきがは、まず、本人に傷付けないように「わきががどういうものか」説明しないといけません、ここが思春期から始まるわきがとの大きな違いです。

ご自身のお子さんが「わきがなのかどうか?」セルフチェックをするなら、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

>>自宅で簡単!わきがセルフチェックしてみませんか?

子供のわきが治療 最初は出来る所から行う

子供のわきが対策は、まず本人にわきがというものを納得させて、「正しい対策を取れば臭いは消える」という事を理解させないといけません。

その上でないと、どんな対策も本人にやる気が無い限りは徹底できるようなものではないからです。

最初に汗取りシートや、子供でも使えるデオドラントクリームの使い方を教えます。

実際に、御両親がやって見せて、実際に臭いが消えるという事を見せて、「わきがが決して怖いものではない」という事を分かってもらうのが大事です。

こうして、わきが対応が習慣になれば子供は時間割を準備するように、自発的にわきが対策を準備をするようになります。そうなれば、御両親の心理的、肉体的負担も軽減されます。

このようなわきが対策は対処療法ではありますが、最終的にどのような治療を行えるか?

考える時間を作る上では、極めて大事な事なのです。

子供のわきが治療に対応している病院とは?

流石に未就学児童のわきが手術はオススメできませんが、小学校高学年になってからなら、外科手術に対応している病院があります。

例えば、東京都にある『アンコスメクリニック』という病院では、子供のわきが手術法として、クワドラカットというわきを切開しない手術方法をオススメしています。

こちらは、保険適用外の手術になり価格も30万円と大人の手術並みの値段が掛かります。

一方で、安いからという理由で保険適用の剪除法を行うとなると、切開する皮膚が3~5センチと広い範囲に渡るので、手術後、わきがが消えたとしても、手術痕が残る事になります。

その点、前述のクワドラカットなら、傷の大きさは4~5ミリと小さいので痕は残らないというメリットがあります。

もちろん、クワドラカットも万能では無く、皮膚を開いて行う手術ではないので、わきがの原因であるアポクリン腺を全て、除去するまでは至らず、再発する可能性もあります。

そもそも、成長過程の子供のわきが対策はこの再発のリスクが常に付きまといます。アポクリン腺の活動も大人になるに連れて活発になる傾向があります。

その点重々理解した上で、手術を検討しなくてはなりません。

子供のわきが対策・治療ならまずは食事に気を配ろう!

わきがには遺伝的要素もありますが、わきにアポクリン腺があってもわきが特有の臭いが出ていない人もいます。ここには、やはり、食生活の違いというものが大きく関係しているわけです。

子供の大好物が、ハンバーグや鶏の唐揚げ、ウインナーといった脂っこい食べ物だった場合には、アポクリン腺を発達させ、活動を活性化させる脂肪分がとても多い食事をしている事になります。

子供に好きな食事を我慢させるというのは、辛い事でしょうが、そもそも、脂質や炭水化物に偏る食事はわきがばかりでなく健康にもよくはないのです。

最近では偏った食生活から小学生で糖尿病というようなケースもあり、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、脂質と糖質に偏らないバランスのよい食事が求められています。

そのような栄養バランスを取り戻す事でわきがが気にならなくなる事もありますから、これもわきが治療の一環だと考えて、子供の食生活を改善していきましょう。

ちなみに、おすすめの食材が、梅干しとメカブです。

梅干しは体内の酸化を防ぎ、体の内側からニオイ予防をしてくれます。メカブはそれに含まれるフコイダンという成分とアルギニン酸という成分の働きで腸内環境を整え、こちらも体の内側からニオイを予防してくれます。

どちらも、健康的にも人気の食材ですので、食卓に並ぶ頻度を増やしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

冒頭でも触れたとおり、わきが発症の低年齢化が進んでいる現代、子供の臭いケアは必須です。最悪の場合いじめなどの原因にもなりかねません。

とはいえ、発育途中の段階でアポクリン汗腺の除去手術を受けたとしても、成長するにつれて再度アポクリン汗腺が発達してしまうケースも多いようです。

手術の判断は慎重にするべきでしょう。体質が軽度~中程度であれば、出来ればデオドラントなどによる対処療法が良いでしょう。

とにかく、子供にとって臭いの悩みは繊細です。心の傷を広げないように細心の注意を払う必要があると言えます。

関連記事

>>子供のわきが対策にデオラボ「イオンクリア」が良いって本当?

>>【わきがQ&A】わきがっていつから発症し始めていつまで続くの?

>>【わきがQ&A】わきがは遺伝するの?

コメントを残す

サブコンテンツ